見てもいいぜ。

色々とダメな限界おじさんが遊びに行ったら書く(書くとは言っていない)

オボォオン?に浮浪者のおっさん(60)になった話 その3

4日目

小生はなんだかんだで過去5年のうち4回夏の東北を走ってるわけだが

その中でも鉄板の持ちネタとして、青森を出発したら、八甲田から奥入瀬渓流

十和田湖を経由しアスピーテラインから樹海ライン、岩手山パノラマラインと

抜けて行って盛岡で飯というツーリングルートがある。

前夜盛りあったホモ2名とは十和田湖の先で別れ、小生は一人南進ルートを取った。

 

f:id:syllo:20170821182057j:plain

整備された快走路で景色もよく非常に走りやすく万人にお勧めできるルートである。

 

 

 

雨さえなければな!(絶望)

 

 

 

f:id:syllo:20170821183004j:plain

雨で消耗して腹減り杉て飯の写真とかも撮ってねぇしよぉ?どうしてくれんだよ!

 

f:id:syllo:20170821183144j:plain

 普段ならぎっしりのアスピーテラインの頂上もこの有様である

 

今夜は釜石でホテル泊の予定を入れているので世界の遠野経由にしようと思い、
遠野を一望できる展望台に行こうとしたらgoogle先生にすげぇ道に連れていかれた挙句

 

目的地ではこれである

 

釜石

ホテルの屋根あるところにバイクを入れされてもらったらソロで優勝すっぺ!

 

小生はバイクで宿をとる時は大概ローカル居酒屋で地元のおっちゃん達に

気さくに凸して色々トークするのが好きなのだが今回は隣のおっちゃんが

大将の親戚で普通の客に出さない逸品を奢ってもらえたり、おっちゃんの

仕事の関係でメディアにはあんま出ない系の震災絡みのディープな話を

聞けたりして非常に楽しかった。また行きたいぜ。

 

翌日はユメタマ兄貴のテリトリーをちょっとかすめたりしつつ

普通に高速で帰りましたとさ(最後まで雨ェ…)

走行距離:2118km

オボォオン?に浮浪者のおっさん(60)になった話 その2

あ↑さ↓

キャンプ場そのものを変更したおかげで全部の予定が白紙になってしまったので

プランの強制変更イベントが発生してしまったわけだが、前夜の会議の結果

この面子なら行けるやろ(舐めプ)というガバ展開で丁度近くをさまよっている

哀れな犠牲者を巻き込み、ダートということは伏せて(鬼)白神ライン走破を

目指すことにした。

www.nicovideo.jp

8/16(水)は全ホモ共通の約束の日であり、こんな日に糞まみれにならないとか

ホモの風上に置けねぇんだよなぁ?(煽り)

 

なお、合体♂した後探り入れたら「あの二人だからヤバいとは思った

というコメントを頂く。自分から変態の領域に突っ込んでいくのか…

 

f:id:syllo:20170820173620j:plain

オフ車(MT-25)とミドルSS(MT-09TRA)と本格的♂アドベンチャー(Versys250)の図

 

※検索等で迷い込んできた初見さんに説明すると小生の周辺では

  基本的にバイクは全てオフ車とされ、フォグランプがあるものがアドベンチャー

 名乗れるというガバルールが存在し、トレーサーやV-stromといったいわゆる

 なんちゃってアドベはフォグを付けるまでは本格的♂ダートにぶち込もうが

 何しようが軽い皮肉を込めてSSと呼ばれるのだ!

 

 

f:id:syllo:20170820174330j:plain

は?(憤怒)

「通行止」はなぜ通行止なのか調べに行かなければならない

というオフ車乗りの義務に従い看板を無視して突貫した結果これである。
荷物無かったら行けたかもだけど他所の土地でこれ以上オイタするのもアレなので

敢えなくピストンすることになったがフラットダート50kmツーは控えめに言って

大満足でした(ご満悦)

f:id:syllo:20170820174745j:plain

 事 後

誰も散ること無く無事走りきれて良かったなーって思うわけ

(数々のヒヤリハットには目をつぶりながら)

 

当初白神ライン全線制覇を目論んでいたはずがピストンで弘前側に戻されてしまった

おかげでまたもキャンプ場難民となってしまったわけだが、ガニキの発掘した

キャンプ場がよさげなのでパパッと張って、終わりっ!

キャンプ場淫プレ

【場所】下湯ダム公園キャンプ場

【天候】くもり 夜から雨 半袖では寒い気温

【課金】0円

【チェックイン/アウト】フリー

【サイト】広大かつ平坦で柔らかな芝サイトで水場がある東屋あり

     ペグの刺さりもよくマット無しでも余裕。

     虫が多い(蚊以外の刺す奴がいて今も太ももが痒い)

【トイレ/炊事場】トイレは不明(それっぽい建物はあるが明らかに使われて無さそう)

         炊事場はあるが距離があるので東屋の脇の水飲み場を使用

【乗り入れ】可      

【ゴミ捨て】不可

【携帯電話】良好

【周辺施設】最寄りはコンビニで20分程度、スーパーやホムセンは未調査

      風呂も同程度なので済ませてから来たほうが良い

【淫プレ】

ふーん、あんたが今日の寝床?まぁ悪くないかな?(SBRN)
初心者ソロおとこわりだがガチホモキャンパーにはむしろ歓ゲイな無法地帯っぷりが

なかなかシビれるTDNデカいダムの緑地帯である。

雨警戒&誰もタープ持ってないので東屋周辺に設営した関係上施設の詳細は

ほぼ不明だが水飲み場の水は普通に出たので野良に慣れてれば問題ナス。

敷地は広大だが誰も居ないのでオンロードバイクでも草地を爆走して遊べるなかなか

楽しい遊び場が付いており、青森市街からそう遠くないのでここも八甲田方面や

北海道行きのフェリー待ちになかなか有用かもしれない。また、酸ヶ湯温泉への

ショートカットができる道(ダート)があるが流石にウェットコンディションなので

今回は自重した。

 

 

オボォオン?に浮浪者のおっさん(60)になった話 その1

小生の会社は祝日が無い代わりに盆暮れとGWはきっちり休める

ダーク♂グレー企業なので今年も9連休がやってきたのら!

が、今年はアイマスのライブツアーの千秋楽と丸かぶりなこともあり

ツーリングに割ける日数が減っているのでポイントを絞って4泊5日の

東北ツーを敢行した。

初日

お盆休み期間東北はほぼ全日雨予報が出ていることは承知していたわけだが

(実際4泊5日の旅でカッパ着ないで済んだの1日だけ)

茨城あたりからずーっと雨というのも辛いねんな…

というわけで癒やしを求めて以前から宿題だったキツネ村に寄ってみた。

 

f:id:syllo:20170819142827j:plain

稲荷しか入ってないやん!(歓喜

f:id:syllo:20170819142903j:plain

野 獣 の 眼 光

よ↑る↓

 

事前に仙台で呑みたい旨を告知しておいたら丁度青森から帰ってくるくさおニキと

合体♂できることが判明したので国分町に宿構えて優勝!

 

なお、「行けたら行く」(行かない)を実行したユメタマ兄貴は

もう許さねぇからなぁ?(土下座案件)

 

本日の宿はロングツー初日の定番、夜走りからのサラリーマンの味方こと

個室ビデオである。

 

個室ビデオは

・電気が消せる

・静か

・空調がある程度いじれる

・カギがかけられる

・24時間チェックイン/アウトOK

・外出OK

・シャワーが使える(8h以上のコースなら1回無料)

・場所によるが洗濯機が使えることもある

・ネカフェより高いがカプセルより安い(12hで3000円前後)

・ヘタな安宿よりよっぽど5Sがしっかりしてる

という理想的な簡易宿泊所としてツーリングやライブや飲み会にフル活用

しているわけだがアレなお店の経験が薄いボーヤ達には圧倒的に入り辛い雰囲気

らしく、それもまたこっちサイドの人間の利用しやすさに繋がっているので

できればこのままでいてほしい

2日目

というわけで本格的♂東北ツーリングの始まりである

★川原毛地獄

仙台からずっとガチ雨だったのにトンネル一本で県境越えたら晴れとかいう

クッソ分かりやすい雨雲の擬人化兄貴のホームことMYG大草原不可避

 

f:id:syllo:20170819144557j:plain

f:id:syllo:20170819144700j:plain

f:id:syllo:20170819144742j:plain

く さ そ う(くさい)

 

硫化水素発生地帯と言えば志賀草津や磐スカ、八幡平等には行ったことがあるが

こ↑こ↓もスケールがデカいがいかんせん全景を見渡せる場所が無く基本徒步で巡る

(しかも半分ぐらいガス多杉で規制線あり)ので足腰が弱った中年には向いてないと

思った(辛辣)

アプローチルートが中々歯応えある山道なので走りメインのほうが楽しいかも。

 

大沢温泉(容赦ないガチ雨のせいで写真無し)

ホモとロリコンしかいないことでおなじみの東北ライダー(深刻な風評被害)

御用達の温泉であり、YBCで中の人から名刺を頂いた縁もあって日帰り入浴

させて頂いた。ちょっとぐらいホモ出汁が混ざってもかまへんやろ…

 

長い歴史の中で増改築を繰り返してきたと思しき風情ある巨大迷路のような

湯治場はぜひとも一度体感して頂きたい

 

本来であればこの後タイマグラキャンプ場でテント泊の予定だったのだが

露天風呂の水面が波打つレベルのガチ雨により心が折れ、温泉の手前で

合体♂したガニキと協議の末秋田の無料キャンプ場に転進することにした。

 

キャンプ場淫プレ

【場所】横沢公園

【天候】晴れ やや風あり 半袖では寒い気温

【課金】0円

【チェックイン/アウト】18時くらいまで/フリー(要申請)

【サイト】公園の隅っこの平坦な林間サイトで一部芝もあり

     若干地面硬めだが一応テント付属のVペグでいけた

     キャパ20張ぐらい

【トイレ/炊事場】綺麗めの炊事場と外観は新しいが中はやや微妙なトイレ

【乗り入れ】不可。但し駐車場の真横に張れるので実質オートキャンプ

【ゴミ捨て】不可

【携帯電話】良好

【周辺施設】バイクで10分圏内にスーパー、コンビニ、GS、風呂あり。

      ホムセンは20分くらい
【淫プレ】

よさみが深い(確信)

公園内の体育館(サイトから徒步2分)で利用申請しなければいけないので

深夜設営には向いていないがそんな些細な事は何の問題ですか?(レ)

文明が近く高速のICもそう遠くなく立地的に田沢湖や八幡平への前線基地に最適なので

東北の中央部を攻めていくロンツーの足がかりにちょうどいいと思った。(小並)

 

但し、小生達が利用した日は夜中の2時過ぎにウェイ系の若者の団体が炊事場のテーブルで

酒盛り&駐車場で花火をおっぱじめる暴挙に出たのがちょっとアレ

流石に文句言いに行ったら気持ちおとなしくなったがその時の発言からして地元民

からはキャンプ場として認識されていない様子だったのでなおさら穴場感が強い。

 

絶景ビールクズキャンプの話

まえのひ

ハッ…ハッ…アッー!アーツィ!アーツ!アーツェ!アツゥイ! ヒュゥー、アッツ!アツウィー、アツーウィ!アツー、アツーェ! すいませへぇぇ~ん!アッアッアッ、アツェ!アツェ!アッー、熱いっす!熱いっす!ーアッ! 熱いっす!熱いっす!アツェ!アツイ!アツイ!アツイ!アツイ!アツイ!アー・・・アツイ!

 

あかんこれじゃ死ぬぅ!というわけで避暑だ避暑!

 

というわけで涼しいところで昼酒ぶっこみながらダラダラしてぇなぁ…

というコンセプトで朝4時に家を出てトレーサーくんを長野へ走らせた。

なお事前にtwiplaで告知しておいたらぼっちで山で酒食らってるおっさんを

哀れんだPNSニキがキャンプに突き♂合ってくれることになったので

ぼくの気分はウキウキなのら!

 

陣馬形山キャンプ場

 

f:id:syllo:20170723132544j:plain

 

かつては穴場的扱いだったらしいがネットで有名になり、昨今ではゆるキャン△の

聖地にもなったこともあって超人気のキャンプ場なのだが、前々から気になっていた

のであえて今回吶喊してみた。

 

f:id:syllo:20170723132832j:plain

 

普段のキャンプでは出し入れ(意味深)が素早くコンパクトにまとまるダンロップ

VS20を愛用しているのだが、今回は早い時間からじっくり腰を落ち着ける

つもりなのでバイク積載の限界に挑む小川のステイシーST-2を久々に持ち出した。

 

ほ ん へ

 

 

 

 

 

ちなみにおたぐりとはオタク女子にち●こをグリグリしてもらう手コキ風俗の新形態(しかも味噌付きとかそういうS級のマニアックさを秘めたいかがわしいものではなく平たく言うと馬のモツ煮で普通に美味しかった(小並)

 

今日の淫村

 

f:id:syllo:20170723135222j:plain

そうこうしているうちに夕方になり、無意味な休日出勤を強いられた哀れな社畜こと

箱ニキが見事脱北に成功して合体♂完了、VFRミーティングに出かけたら

ピンポイント雨雲召喚の刑に処せられたPNSニキも

薪を調達して帰ってきたので夜の宴の始まりや!

 f:id:syllo:20170723140717j:plain

詳しい事情は分からないが長野の県南はなぜかジンギスカンが名物だそうで、

ご当地メシということで晩飯は「遠山ジンギス」と信州の赤ワインでキメてみた。

北海道の甘めでマイルドなやつよりプルコギ風のスパイシーさがうん、美味しい!

一つだけケチを付けるとしたら野菜に味を回したいからもっとタレを多く入れて

欲しいと思った(クレーマー

 

f:id:syllo:20170723141124j:plain

なかなか熾きない成型炭に業を煮やし、セレブ仕様ちんぽ式焚火台の下から

ガスで気合を入れる箱ニキ

 

f:id:syllo:20170723141611j:plain

 

 この写真を開いた時、PNSニキに薪代を払ってない事を思い出したがウインナー

あげたし多少はね?(バックレ)

あとは手持ち夜景撮影会もやったけど小生の分は到底うpできないゴミしか

撮れなかったのでクビだクビだクビだ!

 

翌日は天気も悪く山上は普通に寒いのでサクッと山降りて下界が

クソ暑になる前に天然シャワーを浴びながら帰りましたとさ。

 

キャンプ場淫プレ

【場所】陣馬形山キャンプ場

【天候】朝~日中は晴れ、夕方曇り、夜は濃い霧

    日中は流石に暑いが日陰に入れば非常に快適

    夜間早朝は普通に寒いので上着を忘れてはいけない(戒め)

    夕方頃から風が強くなるのでガイロープはサボらないこと

【課金】0円

【チェックイン/アウト】フリーだが昼過ぎには満員御礼

            朝着で設営してそこからツーリングがベストだが、

            山を降りるだけで30分かかる

【サイト】3段のひな壇になっており平坦な芝と締まった土。

     ペグは付属のでも通り、銀マットでも寝れるレベル

     日中キャンプ場に滞在するなら最上段の木下とベンチを押さえるべし。

【トイレ/炊事場】トイレはちょっとアレだが場所考えたら無いよりマシ。

         炊事場は新設のものがあり◎ なるべく汚さず使おう

         水は生水で飲用不適だが沸かせば普通にいける

【乗り入れ】不可 

【ゴミ捨て】不可

【携帯電話】若干遅いが繋がる。また、人が増える程遅くなる傾向がある

【周辺施設】特になし。買出しと風呂は麓との往復だけで1時間かかるので事前に

【淫プレ】

車だとセルシオぐらいです(700万の風格)

なんやここめっちゃええやんけ!というのが素直な感想

その代わり人もクッソ多いがどのルートでも険道走行を強いられるだけあって

ここまで上がってくる連中は比較的「わかってる」人達なので人口密度の割に

不快感を感じることは無く、サイトの出来も非常に過ごしやすく人気になるのも

当然だと思った。

 

何よりこのキャンプ場最大のウリはこれ

f:id:syllo:20170723150438j:plain

 雲が無ければ前方の中央アルプスの稜線までくっきりはっきり無修正らしいので

もう一度やりたいぜ。

小生のへなちょこ写真術ではこの見晴らしの素晴らしさは114514分のイチ

しか伝えられないので是非自分の目で確かめて欲しい。

 

毛の話と赤城山でホモキャンしてきた話

キャンプ装備のまま林道行って、糞だらけでやろうや

(唐突)

 

小生はTracerくんの他に通勤時々林道用のKLXくんも持っているわけだが
ゲロとかケモとかはやだ怖い…(女の子特有のビビり)のとおっさん特有の
体力低下でフラット~ちょいガレぐらいでお腹一杯なクソザコナメクジな
わけだが、丁度赤城山でいつものメンバーが盛り合うついでに迫真林道部員

こばニキが例の場所に行くとの情報をキャッチしたので合体♂ほらいくどー

さすがに7月中旬ともなると関東では平地でのキャンプは事実上不可能なので
真夏の夜走り志賀高原ツーの定宿こと某個室ビデオ店でしっかり寝て疲れを取った

f:id:syllo:20170716224516j:plain

例の場所

やったぜ。投稿者:変態糞KWSK

f:id:syllo:20170716224542j:plain

サッー!(迫真)

f:id:syllo:20170716224645j:plain

 

お、大丈夫か大丈夫か?(棒)

突然アイスティーを飲まされ意識を失っていたようだが

やっぱり、グンマーの景色は…最高やな!

f:id:syllo:20170716224801j:plain

f:id:syllo:20170716224833j:plain

 

県営赤城山キャンプ場

離島で盛り合うホモ達を尻目に真夏の赤城山に8人のフェリー代が出せない貧民

精鋭達が集まった。

f:id:syllo:20170716225655j:plain

ここが日本海ちゃんですか?

f:id:syllo:20170716225729j:plain

例によってキャンプが充実すると素材不足に陥る法則にのっとり
後は写真なし!

ハイライト
・激混みで湖畔のガレ場しかサイトが取れずUL系クッソコンパクトな
 エアマットくんでは歯が立たず一応寝れたけどぬわ疲
・「乗り入れ禁止とは書いてなかった」という小学生並の言い訳で
 容赦なく荷降ろしで湖畔に乗り付ける厄介2名
・俺氏YBC以来久々に米を炊くもアクシデントでガバガバ水加減に(一応成功)
・ちんぽ式焚火台originついに崩壊
・ポップコーン(燃料)づくりに抜かりないガニキ
・長ネギを余さず使い切る(遠回し)おがわニキ
・中国の便所の話をわかってくれる人がいてよかった(小並)
・走り屋は覚悟してたからいいけど(よくない)登山おじさんが
 4時頃からくっちゃべりながら撤収するのは参った
・GOニキが肉焼いた後放置したメスティンが翌朝絶望的汚さに

あとは、みんなで温泉行ったりちんみるニダボゥの納車式に行ったり
気まぐれにかわせみ行って初対面のはらちゃん兄貴とわざわざ愛知から

耐暑訓練を受けに来たマジキチおぷニキと盛り合ったりねったいちほー

暑さにヤラれて上尾から川口の間で3回も道間違えたりしながら帰りましたとさ

キャンプ場淫プレ


【場所】県営赤城山キャンプ場
【天候】くもり 夜は晴れ ほぼ無風 日中25℃ぐらい、夜は半袖では寒いが
    テントに入れば快適な程度 時折雲の中に入るので湿気高く朝露マシマシ
【課金】0円
【チェックイン/アウト】フリーだが人気なので早め推奨
【サイト】水面から2~3mの湖畔 子供の拳大の石だらけのガレ場だが
     下は砂なのでペグの刺さりはまずまず
     マットは厚手のもの、グランドシート推奨

     運が良ければ輪姦サイトが取れるかも?

【トイレ/炊事場】炊事場は古いがまぁまぁ綺麗な部類。トイレはちとヤバめ

【乗り入れ】オフ車なら可能(やっていいとは言ってない)但し仮にやったとしても
      荷物の上げ下ろしだけにとどめたほうが無難
      
【ゴミ捨て】不可
【携帯電話】良好
【周辺施設】特になし。買出しと風呂は麓との往復だけで1時間かかるので事前に

【淫プレ】
あああぁぁぁ気持ちいすごくいい!(一長一短)

なんせ人が多い。そして値段の低さに比例して客の程度も低い(ブーメラン)

駐車場難民が車中泊してたりとか頭おかしなるで

買出しもクッソ遠く、設営済ませてからとなるとバイクでは

またあのアツゥイ下界に戻るのか壊れるなぁ…

となるのでそれも不便。-1919点

但しそんなマイナスポイントを一発逆転できる最大の特徴は

蚊がいない」ことである。

光に集まるタイプの羽虫や日中アブは出るが、虫除けスプレーは一度も使わず、

献血強制)されることは一回も無かった。

この時期で蚊に悩まされないで済むのはビールの自販機級

有り難いのでそれだけでもここを選ぶ理由には十分である。

栃木で野良キャンして温泉に行ってきた話

まえのひ

よっしゃー休み取れたどー日曜は無料温泉好きの子種汁兄貴のtwiplaに
ホイホイ合体♂してありがと那須!塩バルルァの無料温泉に行きますよ~イクイク

google先生こちら、往復で555㎞となります」(無慈悲)

ファッ!?(戦慄)

なんぼ温泉でリラックス言うても日曜に日帰り555kmはアカンやろ。

最近はホモと盛り会う為に1泊2日で2000km走った岡山の変態糞Fazerとか

九州から名古屋まで1日で走り切ったサイバトロン司令官とかの

マジキチろんぐらいだぁずのせいで感覚が麻痺ってるけど一般人に

この距離は…ナオキです…

 

じゃけん前乗りキャンツーしましょうね~

なお当初ソロで様子見の予定だったが調べるほどに良さみが深い事が

分かってきたので連れション相手を募ったところホイホイ犠牲者が現れたので

現地合流でほら行くどー!

 

大谷資料館

f:id:syllo:20170618184954j:plain


以前会社の同僚から「すげぇ」「やべぇ」といったライブ直後のオタク並に

語彙力に欠ける感想を聞かされて以来いつか行こうと思っていたので

トゥームレイダーのアレ」を体感すべく潜ってみた。ホモは穴好き

 

f:id:syllo:20170618185912j:plainf:id:syllo:20170618190508j:plain

 

感想:すげえ(偏差値-1919並感)

餃子専門店 正嗣

 

f:id:syllo:20170618190821j:plain

かつてバブル期の東京ではザギンでシースーが鉄板であったが、2017年の今日、
栃木のナウなヤングの間ではヤーミーでザーギョーがトレンドと

言われている。

 

f:id:syllo:20170618191121j:plain

f:id:syllo:20170618191131j:plain

 当初、「餃子に行列とかバカじゃねーの?(暴言)」と思いながら並んでいたのだが

餃子2種とライスしか無いので回転が異様に速くサクッと食ってサクッと出る

まさにファストフードで両方多少並ぶ価値はある味だった(熱い手のひら返し)

 

キャンプ場

f:id:syllo:20170618193455j:plain


ここは某おにおこリバー沿いの潰れたオートキャンプ場の跡地で、

以前は簗(やな)にかかった魚を調教済みの日本淫夢くんに捕らせて食う

という普通に金払って見てみたいナイスなサービスを提供していたらしいが

現在は残念ながらTDN空き地である。


高ボッチのように皆公然と野良キャンプしてるような場所ではないので

場所の明記は控える。興味がある奴はガバガバヒントを基に自力で探すか、

知り合いなら以前わしが作ったキャンプ場MAPを参考にしてくれや。

 

f:id:syllo:20170618194304j:plain

今回初披露のガニキ所有の中華薪ストーブ。

後ろに写っているピコグリル398や鹿のアレと比べるとその驚きのサイズが

かると思う。使用感は…その…(お察しください)

つぎのひ

子種汁兄貴達と合流するために日光のコンビニに向かうが、集合予定時間を

過ぎても中々揃わない。

 ようやく温泉組が来たけどなんか足りねぇなぁ…と思ってたら

 

 

 諸般の事情でホモコップのおやつになってて大草原

 

 

温泉

無料だって言ってたのに100円じゃねぇかどうなってんだよ主催者ァ!?(クレーム)

 

f:id:syllo:20170618201223j:plain
ホ モ シ チ ュ ー (クリーム)


浴槽が2つに分かれていて温湯とチョイ熱の2段構えというサービス満点の

4126だった(HTY)

 なお、高ボッチの時白樺湖諏訪湖を間違える池沼行為を行った主催者は

今回も温泉を間違えていた模様。

 

そして、温泉入ったら●ープ焼きそば食って帰る予定だったけど

・目当ての店が臨休

・当然サブ候補は鬼混み

・3店目もなんかアレ

という理由でその場解散してホモ達は家路につくのであった…

 

キャンプ場淫プレ

【場所】KGIWOTKNPJU

【天候】くもり 

    川に面しているので夕方から涼しくなるが湿気が多く、虫もかなり多い

【課金】0円

【チェックイン/アウト】フリー

【サイト】砂利の上が落ち葉が積もった感じでペグの通りは悪くないが

     時折石に当たるので鍛造ペグ推奨

     キャパ10張り程度

【トイレ/炊事場】無し

【乗り入れ】可能だが、本道から降りる坂がかわせみ級の荒れ具合(50m程)

      ナビの言うとおり進むと水溜り+倒木トラップにハマるので

      坂を降りた分かれ道を右に折れて田んぼ方面に進む

【ゴミ捨て】不可

【携帯電話】OK

【周辺施設】大型スーパー約15分

      ホムセン、コンビニまで約10分

      温泉までバイクで約5分(¥700)

      徒歩5分のところに飲食店あり

【淫プレ】
いい素材やこれは・・・(称賛)

かわせみ河原からゴミ捨て場と水場とトイレを捨てる代わりに比較的安全な通路と

寝やすい地面を手に入れたと思ってもらえばわかりやすい。

個人的には普段のキャンプではどれもある方が少ないので出入りに多少難があっても

市街地近くで焚火してもバレない野良キャンスポットなんて天国かな?

という感じで気に入った。

薪は周囲に落ちている枝や落ち葉を使えば焚き火台1基分なら十分賄える。

 

日光近辺のツーリングスポットへのアクセスも非常によく、栃木方面での

野良キャンにおすすめの場所であった。

高ボッチ高原でホモキャンしてきた話

大正義ビーナスライン先輩や酷道好きの土方のにいちゃん(45)達に愛されるR152と

比較してアクセス的にはほぼ同等な位置にある高ボッチ高原はその名の通り

仲間に入れてもらえない陰キャ的ポジにあるマイナーなハッテン場ツーリングスポット

である。

 

ちなみに高ボッチとは高機動型ぼっちの略であり、バイクを駆るコミュ障ソロキャン

ライダーの出現をミシャグジ様から預言された古代人によって命名された

由緒正しき地名であることは聡明な読者諸兄には言うまでもないだろう。(民明書房)

 

6/3~4、子種汁兄貴主催のキャンツーに合体♂してそんなB級スポット(失礼)に

行ってきたゾ~

 

すわわっ!

f:id:syllo:20170604183232j:plain

小生は神の正体は科学が追い付いていない何かやべー奴であり、

例え解明されたとしても「それはそれ」でinじゃねーの?ぐらいの緩い宗教感なので

教会でもモスクでもOK牧場なガバケツ野郎なわけだが、全国で2か所だけ

ガチの信仰心で参拝する神社がある。

 その一つがここ、諏訪大社である。

f:id:syllo:20170604183805j:plain

かつて某クリア不能系STG厨だった頃に聖地巡礼と称してこの地を訪れ、前宮で道中の

安全を祈願した後に帰る途中、疲れからか高速道路で黒塗りの高級車に追突する

寸前の本格的♂寝落ちに至ったところ頭がパーン!(エ)となり直前で

回避することができた事件以来、長野を訪れる際は他の予定を削ってでも

上社本宮、御頭御社宮司総社、上社前宮の3つは必ず回らねばならぬ最重要地点

なのだ。

 ※その割には以前動画で糞まみれにした気もするがまぁそれだけ

身近に想っているということで許してクレメンス


ちなみにもう一か所は出雲大社でこれも類似の状況をゴッドパワーで救われたのだが
無駄に長くなるのでまたの機会に書く

 

集合

f:id:syllo:20170604192229j:plain
積 載 見 本 市

 

ころぼっくるひゅって

 f:id:syllo:20170604193634j:plain

今回はゆるキャン△の聖地巡礼も兼ねているので霧ヶ峰のカフェでランチを食した。
小生は以前ロの国に何度か仕事で赴いて現地の普通のアパートに住んで通勤
していた事があるのでборщ(ネイティブ)の味には少々煩い(クレーマー)なのだが
果たしてこいつはどうなのか…?

 

f:id:syllo:20170604194014j:plain

 ボルシチ(パン2個付) ¥950

うん、美味しい!

とろける肉と多彩な野菜の旨味が詰まった貧乏ホモに似つかわしくない逸品だ。

ただこれスビョークラもスメタナも入ってないからボルシチじゃねぇな。

強いて言うならトマトと肉のシーだわ。(辛辣)

※注)disってるわけじゃくて本場で美味いのからマズいのまで味噌汁感覚で

ほぼ毎日ボルシチ食ってた人間からしたら違うってだけで単純にスープとしては

ボルシチより美味いので聖地とか関係なく一度は味わって頂きたい。

但し量的に一般成人男性には…ナオキです…

 

 高ボッチ高原

f:id:syllo:20170604200514j:plain
ゆるキャン△でリンがパスタを食ったのは展望広場の松本側、

キャンプしたのは旧高ボッチ山荘のキャンプ場(2009年に焼失し現在は更地)だが、

我々ほもキャン♂御一行は山頂へのアクセスに便利で砂利より

草のほうがケツに優しかろうということで

自然保護センター脇のファミリー広場に淫村を展開することにした。

 f:id:syllo:20170604202606j:plain

制 圧 完 了 

 

f:id:syllo:20170604203326j:plain

ユニフレのミニロースターを使いカマンベールチーズフォンデュを試みたが

何せ気温気圧共低いので上面まで熱が行き渡らずチーズが溶けてくれない。

かき回しながら箸で掬って塗り付ける(きたない)手法で美味しく頂くことができた。

 

なお、事前に標高高いから米は無理ゲーだとtwitterで周知していたのにもかかわらず

・初めての飯盒炊爨で

・液燃アルストを使い

・ラージメスティン3合炊きを

・ぶっつけ本番で標高1600mの地で行う

という炎のチャレンジャー兄貴が爆誕したが見事玉砕しトラウマになった模様

 

夜景先輩

 高ボッチはライダー視点ではマイナーだがカメラに自信ニキ達の間では聖地級の

扱いらしく、山岳、夜景、富士山専門といった複数ジャンルの撮影おじさんが

夜間早朝を中心にぐるぐるしている場所である。

今回は荷物を著しく圧迫する一眼レフと三脚を持ってきていたのでガチ勢に

混じりつつ撮影にもトライしてみた。

 f:id:syllo:20170604210901j:plain

f:id:syllo:20170604211023j:plain

 

あ↑さ↓

 

f:id:syllo:20170604211436j:plain

オッハー!オッハーーーーーーー!!

(ガンギマリ)

 

3時起きでスタンバイしてジーフー(業界用語)をバッチェ撮影できた小生は

ヘヴン状態で朝食の用意に取り掛かるもやはり気温が低すぎてうまくいかない。

 

f:id:syllo:20170604212938j:plain

ピーマンのコンビーフ詰め

底の火が通っている部分は神的に美味いが上面まで熱が行かないのはやはりヤバい!

 

f:id:syllo:20170604213027j:plain

まあ、6月でこんなだから、仕方ないね(レ)

ダウンシュラフ暖かいナリ…

 

その後、KM兄貴が駐車場で立ちゴケしてハンドガードを破壊したり、箱ニキ

WRが突然死したのを放置して帰った上に「やっぱやめとく」って言ってた

ビーナスにちゃっかり寄ったり(裏切り)して帰りましたとさ。

 

キャンプ場淫プレ

【場所】高ボッチ高原 自然保護センター ファミリー広場

    (Google マップ)

【天候】晴れ 日没日の出前後2時間程度やや強い風 夜間霧

    気温日中15℃夜間10℃以下、早朝0℃

【課金】0円

【チェックイン/アウト】フリーだが狭いので早めがおすすめ

【サイト】木立の中にテーブルが点在する柔らかな草地 所によりやや傾斜

     収容人数10張程度

【トイレ/炊事場】公衆トイレのみ。手洗い場の水は飲用不可

【乗り入れ】不可(徒歩30m)

【ゴミ捨て】不可

【携帯電話】電波弱めだがドコモはOK

【周辺施設】ジュースの自販機があるが釣銭切れの可能性あり
      部材は基本麓で調達(最寄りのスーパー+ホムセンまで約17km)
      下諏訪温泉周辺に200円台で入れる温泉が複数あるが(約20km)、
      昔ながらの銭湯形式なのでタオルやシャンプー等は要持参

【淫プレ】

いいゾ~これ(推薦)
キャンプ場ではなく野良キャンが黙認されているだけなのでこの状態を

維持できるように配慮できない奴は帰って、どうぞ(迫真)

サイトは柔らかく手でペグを押し込める草地なので底冷えを感じないシーズン

(あるのか?)ならマット不要

 

道中の舗装林道高ボッチスカイラインは緊張を強いられる路盤だがその分

得られるサイトからアクセス良好の絶景は格別である。

但し6月頭でバイクが凍る寒さは正直キツいので適しているのは真夏の避暑キャン。

位置的にも各地方の中間地点なので集まりやすい。(重要)

 

なお国定公園内なので基本焚き火はギルティ。寒さを凌ぐ緊急処置だとしても

灰受けトレイ等を持参し、地面へのダメージを消して欲しい。

実際我々が撤収後駐車場でまったりしてる時に自然保護センターの職員っぽい

お爺ちゃんがファミリー広場の地面を入念にチェックしていた。

 

装備が整っているor時期を選べばかなり高レベルな野良キャンスポットなので

繰り返しになるが現状を維持できるよう配慮してもらいたい。