見てもいいぜ。

色々とダメな限界おじさんが遊びに行ったら書く(書くとは言っていない)

第2回迫真オフ車部 モトクロスごっこの裏技

すじ

一昨年大性交をおさめた手ブラで遊べるモトクロスコース走行会を

もう一度やりたいぜ。というわけでやる気!元気!いわき!のほうまで

遊びに…来ました…

 

※前回の様子はコマニキのblogを参照

www.corocoma.com

 

全体的♂スケスケ(OYJ)

・当日朝、オフ組はキャンプ場(兼デポ地)で合流

・昼前にでっぱつ、昼食の手配を済ませてからコース淫

・3Hぐらい遊んだら撤収、風呂と買い出し

・キャンプ場に戻って本格的♂ホモキャン

 

小生的には最近ソロばっかりだったから久々のホモキャンでウキウキなのら!

というわけで気合いの根回しで金曜に半休をもぎ取ったので余裕の前乗りである。

 

 

朝になり続々と集ケツ♂するホモ達

 

 

 

本格的♂5気筒HVエンジン

 

 

 

ヴァリエッタって都市伝説じゃなかったんだ…(1日2回見たら死ぬ)

 

モトスポーツランドしどき

車両からウェアまで全部レンタル可能、「競技志向の奴とライセンス持ちは来るな」

利用規則に明記してある初心者に楽しんでもらう事に力点を置いたコースで、

当然持ち込みもOK(ミニコースならオンのバイクウェアで十分)、値段も良心的である。

 

実際ガチ勢とお試し勢の混走は互いに危険なだけだし、

「初心者お試しセット(100万~)」とか、「肋骨と鎖骨は消耗品」とかの

都合の悪い現実をうまく隠せるのでガチ勢をハブったのは

コース運営の英断と言えるだろう。

っていうか絶対沼にハメてやるというペニーワイズ的な強いケツ意を感じますねぇ…

 

ジョージィは死んだ…MXレーサーとトランポのWカスタム沼にハマった挙げ句、

EDレーサー、トライアルと次々押し寄せる悪魔の誘惑に耐えられなかったのだ…

 

ガバ穴ギャラリー

 今回は前半見学の中免兄貴をホモグラファーに任命し小生もコース淫したわけだが

小生より数段上手く撮れてて軽くぐぬぬった上に

小生が全く写ってないのはなんで?

(憤怒)

 

 

 

初めての2st+レーサー+キックオンリーのウェルカム可愛がりを受けるホモ

 

 

「何やってんだこいつ…」という表情で横切るクリちゃん(かわいい)

 

 

キマってんなあオイ…(嫉妬)

 

 

たそがれるフリをしつつ女性ライダーのケツを視姦するファッションホモ

 

 

普段えっちなおじさん達にオンでシバキ倒されてる恨みを晴らすべく爆走し、

コース処女とは思えないテクニカル兄ちゃんぶりを見せる名誉ユメタマ弟こと童帝

 

 

まだ綺麗だった頃のくろまめ兄貴(この後見事に糞まみれになる)

 

 

疲労困憊なのに楽しすぎて降りられないホモ達(小学生)

 

 

やっぱセローくんは大正義ってはっきりわかんだね

 

ちなみに小生はというと全コーナーで勝手にドリフトしまくる楽しさに

テンション上がり過ぎてどこまでイケるか実験してたら見事に散って

ミラーがプランプランになったり

2st250ccレーサーの究極に楽しい乗り心地とあまりのガチマン度合に震えたり

隹兄貴のトリッカーの扱い易さに感動したりしてコースを目一杯堪能したのであった

(翌日体もバイクもバキバキ)

 

二次会(キャンプ場)

 

い つ も の

 (酒飲みすぎてあんま覚えてない)(恒例)

 

キャンプ場淫プレ

【場所】夏井川渓谷キャンプ場

【天候】曇り時々晴れ、早朝10℃切る程度。ほぼ無風

【課金】¥0

【チェックイン/アウト】フリー

【サイト】平坦かつ固く締まった砂地。多分元ゲートボール場

     ソロの距離感だと5張りもできれば十分な狭さだが、ホモ特有の

     密集陣形でギューギューになるまでやるからなぁ?!

【トイレ/炊事場】サイトの狭さの割にデカい炊事場(芋煮事情?)、

         トイレは前より綺麗になっててOK牧場

【乗り入れ】不可

【ゴミ捨て】不可

【携帯電話】SBはダメらしいがドコモAUはOK

【周辺施設】徒歩2分の所に小さな商店があるので酒とカップラ程度は賄えるが、

      ホムセンや風呂はいわき市街まで出ないと無いので結局買い出しは必要

      コンビニで済ますなら街に出る途中にある

【淫プレ】

おちんちん!(乾杯)

狭いのにファミキャンと被りやすく今回も満員御礼のカオス状態かつ買い出しが

遠くて不便なのだが、しどきへのデポ地はここともう一か所ぐらいしかなく、何より

ビールの自販機があるというおススメ度MAXのキャンプ場である。

(もう一か所は距離的には多少マシだが同じぐらいの狭さで立地が更に不便)

 

またやりたいぜ(生きる理由)

 

修行ついでに小銭を稼ぐ話

どうして…どうしてですかね…?

事は8/26、富士山の麓で行われた現役JK達の花火大会の本番チケットを

偶然入手してウッキウキで開園1時間前に現着(超絶舐めプ)したところまで遡る。

 

音も車体もでけぇな!(賛辞)

 


ガバ穴パンパンマン!太いシーチキンよ!(BTK)

 


ああ^~音が見えりゅ~↑(ガンギマリ)

 

ただね、なんつーかね。写真が物足りねぇ。

何かこうビシッと決まらねぇんだよなぁ…被写体のありえんかっこよさを

114514分のイチも伝えられてない感がはんぱねぇ。 

 

だが、動くモノを追いながらバシバシ撮っていく動的な撮影の経験は

ほぼ初めてだったが的スポーツに近い感じで非常に気持ち良かった。(小並)

 

f:id:syllo:20180901114417j:plain

…そういや弾幕避けながらスクープ写真撮るゲームもありましたねぇ…

 

 

 

ただ、やっぱこういうふわっとした女子力が高い感じの絵面ではなく、

もっとこうシャープで菊門の締まるような画が欲しい…という思案に暮れて、

いろんなおもちゃをカートに挿れたり出したりしていた所…

 

 

やっちまったぜ(もう逃げられない)

 

ほんへ

新しいおもちゃゲットしたら遊びに行くに決まってんだルルォン?

というわけでやってきたのはナイター開催中のFNBS競馬場である。

 

競馬自体はJRAでいうとトウカイテイオーからテイエムオペラオー辺りの

時期までは割と熱心に本場に通って旅打ちとかもやってたのだが、何となく飽きて

フェードアウトしてからはたまに話題になった時に動画で見る程度なので

もう免許失効して童貞に戻ったと言えなくもない。

 

JRAだけじゃなく公営にもちょいちょい行ってたので何となくは覚えてるが、

しょんべん臭ぇ通路とか全方位に喧嘩売る酔っ払いとか地見屋の足元にビール撒く

嫌がらせして殴り合ってるのとか全然見ねぇじゃんどうなってんの?

 

南関4場の中で最もバチバチした鉄火場だった船橋のうさん臭さはどうしちゃったの?

これじゃ普通の競馬場じゃないか!(支離滅裂)

 

 

しかし、なぜ競馬なのか?というと、

 

①条件がJK花火大会に似てる→プログラムに沿って被写体が次々現れる

②仕事帰りに行っても違和感が無い→作業着はドレスコードです

③入場料が安い→入場料100円(JRAは200円)、バイク駐輪無料

④レンズ代が回収できる→デスノボリ

 

という練習に最適な環境なのである。

動きモノ撮りブートキャンプ志望のホモグラファーは競馬場に行こうね!

 

ガバ穴ギャラリー

 

 

新しいおもちゃを採点してやろうか?100点だよ

 

ノートリミング、ノーレタッチでこれなら十分すぎるんだよなぁ。

来年が楽しみだで(行けるとは言ってない)

 

 

あと、レンズ代は1/4ほど回収しました(ご満悦)

 

 

 

東北ぶらり珍道中の話 七日目&最終日帰宅レーシング

ジースー(業界用語)

雨の合間をヌッ!て大慌てで撤収を済ませて出発したはいいけど

ずーっと雨降ってたし最終日もひたすら下っただけなので正直ネタが無いゾ

ほんへ

f:id:syllo:20180824193540j:plain

天気がまともなら泉ヶ岳北側の林道に突うずるっこむ予定だったのだが

終日雨とかいうつっかえ!な予報かつ現実もまた裏切らないクソ雨につき、

スパっと諦め箱ニキと一緒に仙台を目指す。

 

f:id:syllo:20180824193724j:plain

 

途中聖地巡礼(意味深)しようと思ったのだが特定に失敗(無様)

そういえば道の駅では雨止んでたのに例の雨雲先輩が乗った四輪バイクに

ストーキングされてたらたちまち降り出したんですがどういうことなんですかね…

 

その後はSNDI市内のホテルまでたどり着き、クッソ哀れな社畜共と優勝!

 

 


お盆なのにバイク乗れないとかちんぽこ可哀そう…(煽)

 

 

よくあさ

f:id:syllo:20180824194952j:plain

 

チェケラッチョギリギリまで寝て、R6で規制区域ギリのとこまで降りて、いわきまで

高速乗って、小名浜で復興支援(意味深)してあとはノロノロ下って21時頃帰着して

終わり!閉廷!

 

f:id:syllo:20180824200131j:plain

小生が初めて行った2012年の夏と比べるとあの頃は通り一本丸々クラッシュした

家々が立ち並ぶ風景とか延々と続くダート道に廃車の山と雑草の中に点々と家の基礎

だけが持ち主の帰りを待っているような絶句する風景が広がってたけど着々と

再建が進んでるんやなって…(感涙)

 

 

迫真食レポ

f:id:syllo:20180824195214j:plain

岩手県一関市 丑舎 格之進 ハンバーグメンチカツ定食 1780円

ライダー×ハンバーグといえばどうしても避けて通れない「さわやか」との比較で

申し訳ないが、さわやかが粗挽きの半生で肉っぽさをアピールしてくるのに対し、

こちらは細挽きのふっくらした焼き上がりと滑らかな口当たりで非常に

オーソドックスな「洋食屋のハンバーグ」の味わいであり、素材が良ければ

普通にやってるだけで十分という自信を感じる。

ご飯一杯じゃ絶対足りないけどおかわりできるから大食ホモにもうん、安心!


メンチカツも同様に美味いが正直なところハンバーグに比べると1枚落ちるので

初見兄貴にはハンバーグ2枚盛をおすすめしたい。

 

f:id:syllo:20180824200341j:plain


福島県浪江村 なみえ肉食堂 厚切りトンテキ定食 900円

若干小振りだが肉質も焼き加減もソースもいいゾ~これ

この辺で飯食ったりガソリン入れたり本当は若いほうが好みなのに

わざわざ小名浜の熟女ソープに行く目的は原発のアレで色々ダメになっちゃった街に

誰からもピンハネされずに直接金を注入する事が本分っていう東京電力利用者に

課せられた謎の背徳感が原動力なわけで、

味は二の次でも別にいいっちゃいいんだけど

それでもまともな飯屋に出会えたのは良かった~って思うわけ。

ただやっぱりもうちょい肉デカくてもよろしくてよ(クレーマー)

 


茨城県鉾田市 やちべえ しじみラーメン餃子セット 1100円

貝をウリにしたラーメン(エビ、カニも同様)は殻付きのほうが見栄えが良いが

デメリット(熱い、手が汚れる、麺が伸びる)が絶望的にラーメンに向いてない具材

であり、逆に言えば「殻付きでどーん!」と鎮座しているのを外せば見た目だけの

ボッタメンを掴まされずに済むわけである。

 

意識高い(系じゃない)店は食えない部分はちゃんと処理して麺とスープと具を

同時に楽しめるように考えられた作りになってるもんだけど…

 

f:id:syllo:20180824201026j:plain

 

竜 騎 士 ガ イ ア
 
恐 竜 戦 車

 

お店の名誉の為に言っておくと不味くはないよ?

ただ前述のデメリットの影響をモロに食らってて端的に言うと

そんなダメじゃないんだけど美味しく食べさせてくれない

残念メニューである。

 

餡がずっしり詰まってる餃子は中々だがラーメン食うのに時間取られすぎて

冷めちゃって微妙…

 

旅のラスト飯でコレカー… (糞で固め息)

 

総括の総括

走行距離:約205+365km

トータル:約1889km

 

思ったより行かなかったな…というのが正直な感想

googleタイムライン換算なのでODDベースならもうちょい行ってるはずなんだけどね

 

東北復興レーシングはオンオフ大体行きたいとこは行ったので来年は違う所も

攻めてみたかったりするけどやっぱネタが思い浮かばなくて結局来年も

東北になるんやろなぁ…

 

あと、最後までこの文言は取っておこうと思ったんだけど

 

東 北 は い い ぞ !

 

了 

東北ぶらり珍道中の話 六日目

ジースー(業界用語)

 

下北を諦める代わりに素晴らしい遊び場を見つけ、満喫することができた。

道程は後半に入り、失くしたカッパを盆休みが終わって通常営業になった

ワークマンで補充した小生は本格的に南進を開始するのであった。

 

ほんへ

f:id:syllo:20180823184459j:plain

 

奥岩泉山形林道

森林系

道自体はそうでもないが草が多い所にステルス洗掘とかステルス丸太が

あるので油断できない。峠越えてちょっとしたアトラクション超えたところで

路面がまるごと流出してて終戦

 

 


手押しでバックさせてたら溝に足がはまってバランス崩しコケました(照れ)

袖山高原まで迂回してフラットな残りも制覇したからこらもう勝ちですわ。

 

八戸川内大規模林道

f:id:syllo:20180823185513j:plain

二車線で路面も下手な観光道路以上に整備された超高規格な舗装林道で、

景色はずーっと同じ森の中を走る感じでそれほどでもないのだが、約1.5時間ほど

走って対向車3台、追いつき追い抜かれ0というほぼ誰もいないと言っていい最高の

路面コンディションの特上ワインディングを文字通り

好きなように走れる。

ぶっちゃけ何でどんな走りしてもバレないと思うが、やらかしたら確実にプニキの

晩飯のおかずになるガチマンの僻地なのでホモチリには気を付けよう。

 東北の奴らオキニ隠ししてやがったな!(嬉しい誤算)

 

ここはトレーサーでもう一度行く必要がありますねぇ…(ねっとり)

 

タイマグラ

大規模林道を走行中からヤバい雲がどんどん沸き上がり雷もアップし始めたので

これは風呂行ってたら確実にやられるなという諦めと、今シリーズ唯一の

ペアキャンである利点を生かして箱ニキのタープに小生のを連ケツすればテントと

装備を雨から凌げてリビングもある程度確保できるやろ!

という目論見を走りながら考えてたら

 

 

なにこれ?

うーんこの(好意的に解釈すると多分入口を守りたかったんだと思う)

 

ピカ&ゴロがほぼ同タイミングになり風に流された雨粒が少しずつ飛んできたので

ドバるカウントダウンに入ったのは明白だが、ベースをどうにかしないと何も

できないのでまずは箱ニキのタープを留守の間に勝手に大胆リフォームして小生の

タープと合体♂!

 

f:id:syllo:20180823185746j:plain

 

返す刀で荷物全部タープ下にぶっこんでから受付の山荘に金払いに行く!

 

そして自分のテント下の整備をはあああああああああああああああああああああああああああああああ
!!!!!!!!!!!(ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!
ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!! )

 

 

んでこの動画撮った後後ろ振り返ったらなぜか箱ニキのペグ打ちがテントを

頑丈なエリステ、タープはブルーシート留めとくしょっぱい奴っていう

謎セレクトされてるおかげで小川張りしたポールが倒れてるウー!(今日イチの絶望)

…無料シャワーあるとか最高やな!(棒)

なお、全く電波が入らないSBを小生がテザリングで人権復活させた箱ニキは

小川張りのセッティングテープのパチモンを速攻ポチってた模様

迫真食レポ

 

f:id:syllo:20180823191211j:plain

岩手県岩泉町 1001ひろば ホルモン鍋定食¥750

(写ってないけどご飯とお新香付き)

 

ニンニク醤油ベースで薄口の二郎っぽい風味の出汁と濃いめの下味の

バランスが良く、30℃越えのクッソ暑い日にも関わらず七味ぶっかけてガツガツいける

ナイスなうまあじ

 

こがわ炭鉱ホルモンというご当地グルメらしいが、ぶっちゃけ目新しさは無いので

これで町おこしは無理だと思う。(直球)


但し、「当たり前の事をバカにせずちゃんとやった(基本のABC)」真っ当な

モツ鍋なので、あまり流行らないで小生が次来た時も並ばず入れるように

しといて欲しい。(意味深)


キャンプ場淫プレ

【場所】タイマグラキャンプ場

【天候】夕方大雨 日没間際から曇りと小雨 朝も雨 風はほぼ無し 気温20℃前後

【課金】¥510

【チェックイン/アウト】 14:00~11:00

【サイト】 ふっかふかの平坦な芝で普通ならマット要らない

      キャパ30張ぐらい

【トイレ/炊事場】炊事場は普通レベルだが、トイレは和式のぼっとんで

        今シーズン最高の虫地獄

【乗り入れ】OK

【ゴミ捨て】不可

【携帯電話】しばしば切れるが一応繋がる(docomo)

【周辺施設】温泉まで20分ぐらい、買出しは生鮮品が買えるスーパーまで片道約1時間

      薪はキャンプ場に売ってるっぽい?(利用してないので不明)

【淫プレ】

今シリーズ唯一の有料キャンプ場(510円)

噂には聞いていたが、集落に電気が通ったのが1988年(!)という洒落にならん

ガチマンの僻地である。


東北道(国道4号)や宮古方面から横方向にアプローチを試みるとそれなりの酷道らしいが

小生は岩泉から来て遠野に抜けるご機嫌すぎるぐらいの快走路で来たので

当ブログを見てタイマグラに行きたくなった酷道苦手ニキは遠野から荒川高原経由で

行くといいと思うゾ。

 

このキャンプ場のウリは乗り入れできる素晴らしい芝。

そしてサイト脇で轟音を轟かす濁流渓流

なわけだが、雨さえなければほんと最高だったのが非常に惜しい。

フライフィッシングとかテンカラ釣りに自信ニキなら天国ちゃうか?


バイクだと生鮮品が手に入りにくいのが難点だが元々料理しないんだし

サ○ウのごはんと缶詰とカップラで十分ってはっきりわかんだね。

酒を川で冷やせなかったのが残念だけど(雨ェ…)

 

ここに2~3日陣取って北上山地三陸沿岸をしゃぶりつくすのも大アリだと思うので

次はトレーサーくんでまたやりたいぜ。GWだと冬季閉鎖っぽいからまた夏かなー

 

総括

走行距離:205km

 

つづく

東北ぶらり珍道中の話 五日目

ジースー(業界用語)

割と近くに見えてビビるわぁ!(レ)な北海道を眺めながら撤収を済ませた

小生は始発のフェリーでウニと林道を求めて海を渡ろうとしていたのだが…

 

小生 「(予約)ないです」

OBSN 「(空きが)ないです」

 

デデドン(絶望)

 

ウッソだろお前ぇ!3年前のお盆に同じ便に乗った時はガララーガだったじゃねぇか!

ちょっとガバ過ぎんぞオルルァン?

 

OBSN 「今から乗れる便待つなら走ったほうが速いよ(半笑い)」

 

ち~ん(33-4)

 

帰ろう、帰ればまた来られるから…(KMR少将)

 

ほんへ

f:id:syllo:20180821193648j:plain

 

というわけで大胆なルート変更はソロツーの特権なので青森と岩手の県境で遊んで

2年前北海道行く前に使った小生の好きなキャンプ場にもう一度寄るプランに

急遽変更である

 

登戸沢林道 大木平林道

f:id:syllo:20180821194307j:plain


森林系フラット、ほどよく楽しめて糞遊びの醍醐味をカンディル
入りと出が近いので周回もできる。

 

道前田山林道 トチノキ沢林道 芦名沢林道(未走)


ほんへ走ってよし、支線多くてよし、森林系、山岳系、ちょいガレちょいヌタ、

沢登り、グラスランもできるビキビキビキニ123!(レ)

f:id:syllo:20180821194647j:plain

 


接続してる3本のうち時間とガソリンの都合上2本しか行けてないが、

お山のあらゆる要素を満喫できて丸1日遊べるすげーエリアだった

 

トチノキは2017年のツーマプでは「大荒れ」って書いてるけどやべーとこは
舗装されたみたいで軽めの藪漕ぎがある程度だから問題なし。

 

お盆特有の麓の飯屋が全滅で昼飯食いっぱぐれたので今回は食レポなし!

 

キャンプ場淫プレ

【場所】稲庭キャンプ場

【天候】曇り 終始弱い風 早朝15℃ぐらいで肌寒い

【課金】¥0

【チェックイン/アウト】フリー

【サイト】グルキャン向けの毛足の長い草地サイトとソロ向けの

     林間サイトがある。林間に平地はほぼ無いので草地のほうが立てやすいが

     遮蔽物が一切無い

【トイレ/炊事場】ちょっと荒れてきたけどまだ綺麗

        炊事場にコンセントがあるので延長コード持ってたら無敵

【乗り入れ】林間サイトは可

【ゴミ捨て】不可

【携帯電話】弱いが一応接続は維持できる(docomo)

【周辺施設】風呂はバイクで5分ぐらい

      買い出しは浄法寺のローカルスーパーで大体15分ぐらい

【淫プレ】

祝、電波到達

ネットに頼らなければまず気付かない知る人ぞ知るマイナーキャンプ場で、

後から来る人達も何となくアクが強そうな感じで一期一会の交流とかは一切無く、

行き交う人の表情は「なんで人がいんだよ(チッ)」といった面持ちの

殺伐としたキャンプ場であり、日々「自分がしたいのはキャンプじゃなくて

外こもり」なんじゃないか?」と自問する陰キャコミュ障ソロキャンパー

うってつけの理想郷である。

 

そしてネットが使えないという致命的な欠点が改善された今、小生の中では

東北最強のキャンプ場に昇格したと言えるのだ!(※個人の感想です)

 

標高が高く(約800m)、草地は時折風も強くなるのでタープ張るなら守備態勢で、

林間はテント内でくつろげるようにしないと日没後は寒い。

(今年は暖かかったが2年前は北海道行きの装備でも寒すぎて焚き火した)

 

虫が少ないのでフライだけ閉めてインナーはおっぴろげーしょんでOK

鍵かかってない避難小屋(結構な人数入れる)があるのでもし天候がヤバい時は

そっちでもいいと思う

 

トイレと炊事場は2年前に比べたらちょっとレベルが下がった気がするが、

どちらかというと汚れたというより使う人が居なすぎて荒れてきた感じである。

 

あと、Googleに頼ると一部道が無いことになっていてえらい遠回りさせられるので、

まず「天台の湯」を目標にしてそのまま山に登り、展望台のあるT字路を右折するのが

麓からキャンプ場までの最短ルートである。

天台の湯は入浴料は500円で激安温泉に慣れたホモには割高だがサウナ入れるし

売店に地酒あるし何よりレンタルタオル200円(バスタオル+フェイスタオル)が

ロンツーキャンパーも最高にありがたいのでおすすめである。

 

総括


本日の走行距離:約240km

 

つづく

東北ぶらり珍道中の話 四日目

入口(出口)

本格的♂林道にぶっこんでご満悦の小生だったが夕方から夜にかけて数々の

ガバ行為(後述)が発覚し地味に落ち込むもTT250Rおじさんとの語らいで癒され、

遂に昨年半分の所で戻された白神ラインへとKLXを走らせるのであった

 

ほんへ

f:id:syllo:20180820195739j:plain

 

青池

f:id:syllo:20180820200308j:plain


本当に息を呑む幻想的な青さなんだけど撮るのは意外にムズい…ムズくない?

(ガバエイム)

 

白神ライン

f:id:syllo:20180820200619j:plain


は?

ダートが入って無いやん、どうしてくれんのこれ?

いや、割とマジでここで西側から入って半分行けばクリアだよなっていう

絵図書いてこの中の中まで来たんですけど(困惑)

 

ハァー・・・(糞で固め息)

 

まぁしゃーない、うかれポンチ過ぎたから落ち着けって神が言ってるんやろな。

というポジハメ思考に基づき、朝までに発覚しているガバ行為を一個づつ解決して

ツーリングよりまずは生活を立て直そう。

 

・カッパ紛失事件

 写真見返したら三日目の午前中からもう無かった(池沼)

 多分土砂崩れ越えとかであれこれ無理してる時に外れたんやろなぁ…

 →ワークマンは8/13、14は全国的に休みなのでホムセンで買うか15日まで

  待つかだが、予報的には天気持ちそうなので15日朝ワークマンが開くまで

  カッパレス走行とする

 

・ベルト巻き込み事件

 やっちまったぜ。 投稿者:変態糞ガバ積載親父

 というわけで過去幾人かのホモを葬ってきたホムセンベルトのホイール巻き込みを

 小生もついにやってしまい、2本で固定している内の1本が再起不能になって

 しまった。

 →とりあえずパッキングを組み替えて移動できるようにした後、道中のコメリ

  同規格のベルトを発見し即購入。肝心の余り部分の処理だが、以前は結んでたら

  解けてやらかしたので改善案としてダブルクリップでの固定を試したところ

  これがなかなかいい感じだったので当面はこれで行く

 

・装備品全部びちゃびちゃ事件

 渡り歩くキャンプの場合、基本的にテントやタープを乾かしている時間など

 無いので濡れたままぶち込んで張って乾かすor我慢するの2択になるのだが、

 到着が夜になったので全く乾いてない洗濯物をスーパーの袋に入れてたら

 防水バッグの中で破れ、防水ゆえに水が逃げず他の中身も大惨事になるという

 池沼行為が発生した

 →コインランドリーともしもしピットを活用して一旦全部干し、

  パッキングも再考した

 

竜飛岬に至る道(広域農道+竜泊ライン)

津軽半島の先端に至る道は直線的で広く北海道味を感じるので

疑似プレイには最適である

f:id:syllo:20180820201959j:plain

 

竜泊ラインは起伏に富むワインディングに荒々しい断崖絶壁と穏やかな海という

極上コラボに愚息も昇天である

これは今まで行った中でもかなり上位に入りますねぇ…

f:id:syllo:20180820202325j:plain


オフ車勢は七ツ滝来たら絶対上登ったほうがいいゾ~これ

 

f:id:syllo:20180820202520j:plain

 

 迫真食レポ

秋田県能代市 ラーメン水木 とんこつねぎ 700円

 

f:id:syllo:20180820202742j:plain

 

朝7時から開いており地元の人が次々訪れる人気店のようだが味は

可も不可も個性も無い普通の味。

サービスエリアのラーメンを思い浮かべると分かりやすい。

 

その割には料金先払いだのマンガ読んで居座るなだのと店内の能書きがちょっと煩く、

アリランラーメンで謎の独自ルールに揉まれてきたおっさんとしてはそういうのは

確かな味があってこそ許されるもので、こんなやる気無いラーショと

大差無い味で俺流を持ち出されてもちょっとな…

という気持ちが先に立つので総合評価は50点以下ですねぇ…(辛辣)

 

但し、決して不味くはないし、夏場に渡り歩くキャンツーライダーは涼しいうちに

移動開始する事が最優先で朝食が疎かになりがちなので、飯作る時間はねーけど

コンビニとかすき家じゃちょっとな…という時にこういう店の存在は有難いとも

言えなくもない(フォロー)

 

青森県中泊町 小泊おさかな海岸 ウニ丼定食 2600円

 

f:id:syllo:20180820203552j:plain

 

予定してた店が客大杉でオペレーション破綻

(バイトのJKが素朴可愛かったので全て許した) (クソノンケ)

 

丁度食い終わって出てきた地元のお客から教わった店にスイッチしたが

それでも30分ぐらいは待ったと思う

 

2600円の是非は個人のウニ愛次第だが個人的にはまだ許せる範囲。

正真正銘の生ウニで、粒と崩してペーストにした両方の状態でうまあじを堪能した。

やっぱり同じ値段だったら小生は北海道より青森のウニのほうが好き(ダイマ)

 

小鉢のイカタコ(刺身、煮付け)もまあまあだが塩辛は蛇足だったかも。

もずくは完全に市販っぽいので別にいらんからウニもうちょい増やして(懇願)

あと味噌汁が薄味で出汁で勝負するタイプの俺好みだったんだけど何で取ってるか

最後までわからんかった。

魚屋直営だから色んなアラで取ってるっぽい~↑?(馬鹿舌)

 

キャンプ場淫プレ

【場所】高野崎キャンプ場

【天候】日中晴れ、夜間曇り 海っぺりの割には微風 早朝気温20℃前後

【課金】¥0

【チェックイン/アウト】 フリー

【サイト】よく整備された草サイトで中央程平坦、端には傾斜がある。

     ソロはいっそ駐車場の際に張るのも手だと思う

【トイレ/炊事場】トイレは公園レベルでオイニーキツい

         炊事場はタイミング悪くやべー状態

【乗り入れ】不可

【ゴミ捨て】不可

【携帯電話】ほとんど使えない(DOCOMO)

【周辺施設】サイトに隣接した食堂が2軒あるが、1軒は休みでもう1軒も

      利用してないので不明

      風呂は近くにあるが17時で終わるので微妙、先に済ませたほうが良い

      買い出しは10分強で一通り可能

【淫プレ】
嫌いじゃないけど好きじゃない(優柔不断)

到着時ファミキャンだらけで陰惨な気分になったが日没と共に続々撤収、

後は比較的まともなファミリーとソロライダー達の時間になったが

アマチュア無線?で話してるライダーのおっさんが五月蠅かった

 

炊事場は昼間居た連中が残した野菜クズだらけで絶望的に汚い。

やっぱファミキャンは害悪

 

至近の風呂は17時で閉まるし隣接の食堂には酒置いてない生殺しプレイ

(呑んで泳ぐひでがいるから仕方ないね)で電波は中途半端に悪いしで

景色が非常に綺麗なのを加味してもソロならまあ妥協できるかな程度

 

むつ湾フェリーの乗り場に近いので津軽半島をぐるぐるする拠点にして

撤収したらすぐ下北に行くという使い道であれば生きると思う。

 

 

総括

本日の走行距離:約240km

 

つづく

 

東北ぶらり珍道中の話 三日目

挿入

 

上昇負荷(ガチ雨)を乗り越え福島の林道を存分に楽しんだ小生は山形に進出

国境を更に超え奥羽山脈をガン掘りしつつ北上を続けるのであった

 

ほんへ

 

f:id:syllo:20180818144536j:plain

 

花立峠

 

f:id:syllo:20180818145000j:plain

 

あ~うめぇな~(ixaβ)

鬼首へのショートカットに通ったがこれは楽しい快走路である

(峠周辺に数100mフラットダートあり)

 

県道248号線

県道がダートに大変身!とかウッソだろお前!(歓喜)と思ってたら…

 

f:id:syllo:20180818145914j:plain

 

ファッ!ウーン…(ショック死)

まあここは難なくクリアして先に進んだんですけどね初見さん

 

f:id:syllo:20180818150728j:plain

 

む゛う゛う゛ん…(男泣き)

崩落後さほど時間が経っていないようで右はヌルヌルでどう見ても無理

一見真ん中の溝なら行けそうに見えるが複雑な形状の洗掘でリアがハマったら

詰みもあり得る

となると正解は左のわずかに残った土手を超えるしか無いわけだが

洗掘をナナメに横切り斜度のキツい土手の上で車体を右に切り返し立木の脇を

すり抜けないとスペースが取れないので跨ったまま超えるのは早々に諦めて

久しぶりに押しが入りました…

まだG3

 

f:id:syllo:20180818150021j:plain

 

ンンッ… マ゜ッ!ア゛ッ!↑ (絶望)

 

そこかしこに散らばる倒木と押し歩きすら許されないズブズブ沈む泥、渾身の力でも曲がらないフロントタイヤという事前偵察だけでも心が折れるG1級のゲロ地獄に

陥る一歩前で俺もうね、逃げる(勇気ある撤退)

いうてね、逃げるって行っても

さっき超えてきたアレをまた戻るんですけどね

臨死体験

 

南本内林道

近道のつもりがクソ長迂回ルートをとるハメになってしまったわけだが

バトルはもうちょっとだけ(大嘘)続くのじゃ

f:id:syllo:20180818153416j:plain

結論から言うと(面白いところの写真は)ないです。

入口で出会ったセルタオおじさんに案内してもらって進入したのだが

まーこのおじさんはえーのなんの

南側の峠までは採石場がある関係で駐車場並みのフルフラットなのだが北側の

下りは道自体が沢になっており、ガレ坂をビチャビチャに濡れながら落ちていく

スプラッシュマウンテンさながらのクッソ楽しい道で二人してガンギマリで

突っ走っていったのでとても停まるヒマなどなかった。

 

ルタオおじさんはよくありがちなマウントJJYとは違い、ビジターの小生に

丁寧に東北林道の美味しい所の情報を教えてくれるすごく紳士的な人だった

わしもあんなおじさんになりてぇなぁ…(憧れ)

 

おじさん激推しの林道は今回は行けなかったのだがいつかチャレンジしてみたい。

但し、

「250なら行ける」

「幻って言われてるからあそこ行ったらヒーローになれる

っていう一言が妙にひっかかるんですが大丈夫なんですかねぇ…

 

真昼岳林道

 

ルタオおじさんと別れた後、昼飯を済ませて本日最後の林道に向かった

 

f:id:syllo:20180818155420j:plain

 

登山口へのルートになっているので全体的にフラットで乾いた山岳系ダート

景色も良くガレも無いのでここはオフ初心者やオンでダートに突っ込む変態にも

自信を持ってオススメできる

 

f:id:syllo:20180818155454j:plain

麓にはこんなところもあるので輪姦したい諸兄にもオヌヌメ

 

 迫真食レポ

岩手県西和賀町 ひさご すっぽんラーメン 1000円

 

f:id:syllo:20180818160512j:plain

 

一口呑む度に血圧が上がる音がするような鬼しょっぱい系のラーメンだが

半日運動して漢汁つゆだくのおっさんのボディにはスーッとよく効いて美味しい。

すっぽん鍋の〆にラーメン入れたようなものを想像していたがまたちょっと

違う感じで、変わり種だがイロモノでは無いまともな塩ラーメンとして成立している。

卵が温玉なのも高ポイントである。

 

キャンプ場淫プレ

【場所】石倉山キャンプ場

【天候】晴れ ほぼ無風 早朝20℃前後

【課金】¥0

【チェックイン/アウト】サイト手前の管理棟で受付が必要 アウトはフリー

【サイト】キツいヘアピンがあるダートの急坂を降りるのでSSや

     アメリカンはつらそう

     サイトはきれいめの芝だが殆どが傾斜地で角度に気を使う

     キャパは20張り前後

【トイレ/炊事場】トイレは利用してないので不明だがサイトからは離れている

        (バンガロー村のものを使うらしい)

        炊事場はきれいな部類

【乗り入れ】不可だが通路際に停められる

【ゴミ捨て】不可

【携帯電話】良好

【周辺施設】バイクで5分位の所に温泉あり。買い出しは20分ぐらいかかる

【淫プレ】

ちょっとズレてるかな?(オブラート)

ダメダメでは無いんだけどやっぱ平地が無いのは痛いですねぇこれは痛い

後蚊もむちゃくちゃ多いしバンガローのファミキャンの大人たちの

五月蝿さに何度もキレそうになった。

 

でも数少ない平地を分け合ったTT250R乗りなのに林道行かないおじさんとの

ノンケトークは楽しかったゾ

オフローダーの標準的戦果を変態呼ばわりされるのは気持ちが良い(M性感)

 

総括


本日の走行距離:約318km

 

つづく